アラフォーからの秘密兵器!すっぽんサプリ特選情報

すっぽんサプリ大辞典 » すっぽんについて学ぶ » 女性と男性で違う、すっぽんの効果

女性と男性で違う、すっぽんの効果

このページでは、男女別に見るすっぽんの効果を紹介しています。

性別によって異なる!?すっぽんの効果

鍋料理が有名なすっぽんですが「丸ごと食べられると言ってもいいほど、捨てるところがない」という意味から『まる鍋』の別称を持っています。

そしてただ「食べられる」というだけでなく、含まれている栄養も非常に豊富!しかし、家庭料理の食材として扱われることは稀な高級食材ですから、毎日食べるというわけにはいきません。

こうしたすっぽんの特徴を踏まえたうえでその栄養素を凝縮し、なおかつ摂取しやすい形状に加工した健康補助食品は、数十年前から発売されてきました。しかしその多くが、主に男性をターゲットとしていたのです。

男性向けすっぽん商品の特徴

すっぽんは、非常に多くの栄養素を含むことで知られています。筋肉や臓器の基となるアミノ酸、10種類以上のビタミン、ミネラル、必須脂肪酸などなど…。これらが活力の向上に役立ってくれることは間違いありません。

しかし、その効能は男性/女性の区別なく発揮されるはず。すっぽんサプリやドリンクが「男性向け」というイメージが強いのは「仕事で疲れている人=外でモーレツに働く男性」という『性格差』が顕著だった時代の名残かもしれません。

またそれとは別に、すっぽんはEDなど男性器の機能障害改善に役立つことでも知られます。スムーズな勃起を促す血行促進成分・アルギニンや、セックスミネラルの異名を持つ亜鉛などを含んでいるのです。さらに科学的な根拠は別として「すっぽんの生き血を精力剤として重宝する」伝統もありました。

しかし近年は、ほとんどの男性に一定の効果を発揮する『ED治療薬』が登場。ED改善のために、わざわざすっぽんを摂る人は減少しています。『すっぽん商品=男性向け』という公式は、過去のものとなりつつあるのです。

女性向けすっぽん商品の特徴

健康に役立つ食材・すっぽんが改めて見直された結果、新たに美容効果がクローズアップされてきました。

その筆頭に挙がるのが『エンペラ』という部位に含まれる豊富なコラーゲン。肌や髪の潤い、ハリツヤアップに役立つ人気成分です。すっぽんのコラーゲンは、豚や魚由来のコラーゲンよりも人体への吸収率が高く、効果実感が早いことで知られています。この事実は美容通の女性たちの間にすぐ浸透し、高い人気を集めるようになりました。

またすっぽんは、非常に多くのアミノ酸を含むことで知られています。アミノ酸は筋肉の基となる成分。筋肉が適度に付いたボディは代謝が高く、無駄な脂肪を貯め込まなくなります。このため、運動と共にすっぽんサプリを摂取すれば、ダイエットサポート効果も期待できるのです。

すっぽんは昔から体に良いと言われていますが、具体的にどのような働きがあるのでしょうか?男性・女性別にまとめました。

もっと知りたい!男性にうれしいすっぽんの効果

まずは男性が喜ぶすっぽんの効果について見ていきましょう。

精力増強

男性にはありがたい、精力増強作用。豊富なビタミンB群やアミノ酸が含まれており、エネルギーの生産をサポートします。生殖機能を向上させるために必要なことは、血液の酸素運搬能力を高めることです。すっぽんには、鉄分も豊富に含まれているので、酸素運搬能力が高まり、全身にしっかりと酸素を送ってくれ、結果的に精力増強につながると言われています。

滋養強壮

すっぽんにはたくさんの栄養成分が含まれていますが、特にアミノ酸とビタミンB群は豊富に含まれています。ビタミンBと言うのは、体内のエネルギーを作るのに必要不可欠な成分です。

・ビタミンB1 ビタミンB1は体内でチアミン二リン酸という補酵素に変換され、TCAサイクルと呼ばれるエネルギーを生産する回路で糖質を代謝する働きがあります。

・ビタミンB2 ビタミンB2を摂取すると、補酵素に変換され、糖やアミノ酸、脂肪酸などの栄養素を代謝してエネルギーを作り出します。

・ビタミンB6 ビタミンB6も肝臓でピリドキサールリン酸という補酵素に変換され、脂質の代謝や分解されたアミノ酸を再び人体の各部位を構成するタンパク質に合成する働きがあります。

・ビタミンB12 ビタミンB12も補酵素に変換され、DNAの合成に関わっています。不足すると悪性貧血を引き起こすきっかけにもなります。

また、すっぽんには豊富にアミノ酸が含まれており、不足すると元気が出なかったり、基礎代謝が落ちて体温が低下します。ビタミンB群とアミノ酸のWパワーで、体を元気にしてくれるのです。

もっと知りたい!女性にうれしいすっぽんの効果

次に女性が喜ぶすっぽんの効果について見ていきましょう。

美肌作用

すっぽんの甲羅にあるエンペラと呼ばれる部位にはコラーゲンがたっぷりあります。体内に上手にコラーゲンを取り入れようと思っても、普通のコラーゲンは必須アミノ酸であるトリプトファンが含まれていないので、アミノ酸スコアは0になり、人体でうまく活用することができません。

しかし、すっぽんのコラーゲンにはアミノ酸だけでなく、トリプトファンも含まれるので、通常のコラーゲンに比べると非常に有効的に活用することができるのです。また、すっぽんのコラーゲンを摂取すると、吸収・分解された後、体内で再びコラーゲンへと再合成してくれるという嬉しい働きもあります。

ダイエット

すっぽんには豊富なアミノ酸が含まれていると前述しましたが、その中でもダイエットに対して有効的なアミノ酸があります。それは、分岐鎖アミノ酸と呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸です。これらのアミノ酸はBCAAと呼ばれ、筋肉へ直接働きかけるエネルギー源として体内で利用されます。

人は、運動をするとエネルギー源が少なくなり、筋肉を分解してBCAAへと変化させてエネルギー源にします。そうすると結果的に筋肉量が減少して基礎代謝が下がってしまうので、ダイエットを頑張っても痩せにくい…ということになってしまいます。

しかし、すっぽんに含まれるBCAAをしっかりと摂取すれば、基礎代謝が保たれるだけでなく、脂肪燃焼を促進させる働きもあるので、ダイエット作用があると考えられています。

貧血予防

すっぽんは造血作用があるビタミンB6やビタミンB12が豊富に含まれています。すっぽんは漢方薬としても使われており、貧血患者にも処方されています。貧血を改善する為にはすっぽんを継続的に摂取することが理想的なのですが、毎日すっぽんを摂り続けるのは難しいですよね。

だからと言って、漢方薬は「飲みにくい」と言う人も多いです。そんな時にオススメしたいのが、すっぽんのサプリメントです。サプリメントは比較的安価で購入することができます。

いかがでしょうか?栄養豊富なすっぽんは、男性だけでなく、女性にとってもうれしい健康食材であることがおわかりいただけたかと思います。ぜひサプリメントで摂取し、イキイキと美しい毎日のために、すっぽんをお役立てくださいね。

すっぽんサプリと女性ホルモンの関係

すっぽんには、女性ホルモンを増加させる働きがあると言われています。女性の体を健康に保つホルモンを生成させるため、女性にとっても欠かせないのがすっぽんサプリなのです。

プロゲステロンの増加

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、排卵前にはエストロゲンが増え、排卵後にはプロゲステロンが増加します。 すっぽんのサプリには、すっぽんの成分である「L-アルギニン」が含まれていますが、L-アルギニンによって、プロゲステロンは増えると考えられています。

実際に、L-アルギニンを排卵後に投与した結果、血中のプロゲステロンの値が増加したという報告があります。

参考:富士製薬工業株式会社『黄体機能の基礎知識』
https://www.fujipharma.jp/product/infertility/smartbook/vol19.pdf

プロゲステロンは妊娠に欠かせない女性ホルモン

女性ホルモンといえば、エストロゲンの方を想像する方が多いでしょう。プロゲステロンは、女性にとって「嬉しくない効果をもたらしてしまうホルモン」というイメージを持っている方も多いと思います。 ですが、プロゲステロンが低下していくと、妊娠や健康に悪影響を及ぼす場合もあるのです。

プロゲステロンは、女性の子宮にある膜を柔らかくして、受精卵が着床しやすいように準備を整える働きがあります。 そのため、プロゲステロンを増加させるL-アルギニンを摂取すると、子宮内膜を厚くする作用や、妊娠を促進させる作用が期待できると言われています。 妊娠中の方にもプロゲステロンは必須で、L-アルギニンの摂取によって、妊娠高血圧症候群を発症する確率が低くなるそうです。

エストロゲンを増加させ過ぎないために

プロゲステロンの働きは、妊娠に関わることだけではありません。エストロゲンを正常に分泌させるためにも、プロゲステロンの存在は欠かせません。 女性ホルモンは、プロゲステロンとエストロゲンのバランスによって成り立っています。一般的に、エストロゲンは「美肌ホルモン」と言われていて、女性を美しくしてくれるホルモンです。 ですが、エストロゲンが増加しすぎることによって、乳がんの可能性が高まるとも言われているので、エストロゲンが多ければ良いという問題でもありません。

エストロゲンを正常に分泌させるためには、プロゲステロンの値が正常であることが必要です。すっぽんサプリに含まれるL-アルギニンは、プロゲステロンの量を調整することによって、女性ホルモンを良いバランスに保ってくれるでしょう。

バストアップと月経前症候群にも効果的

プロゲステロンには、乳腺を発達させる働きがあります。乳腺は、母乳を通じて赤ちゃんに栄養を送るために必要な器官ですが、ハリのある胸をつくり、バストアップをさせる働きもあります。 そのため、女性らしい体を作るためにも必要。プロゲステロンは「ブスホルモン」と言われてしまうこともありますが、女性を魅力的にするサポートもしてくれるのです。

さらに、女性ホルモンが低下することで、月経前症候群が起きるとも言われています。生理前に女性ホルモンが低下することは、ある程度仕方がないことです。ですが、すっぽんのサプリで女性ホルモンを調整しておくと、月経前症候群を軽減できる可能性もあるかもしれません。

アミノ酸でエストロゲンを生成する効果も?

すっぽんにはアミノ酸が豊富に含まれています。

L-アルギニンもアミノ酸の一種ですが、女性ホルモンを生成するための酵素は、アミノ酸によって作られており、酵素が活性化することでエストロゲンを増加させる効果もあると考えられます。エストロゲンを生成するのは「アロマターゼ」という酵素です。

すっぽんに含まれるアミノ酸だけが、アロマターゼを活性化させるわけではありません。ですが、すっぽんには非常に多くのアミノ酸が含まれているため、プロゲステロンだけではなく、エストロゲンの生成にも関わってくると言えるでしょう。

代謝を高めて冷え解消

すっぽんは「冷え」にも効果があると言われています。 今回は、すっぽんに含まれる成分やすっぽんが冷えの改善に役立つ理由についてまとめました。

冷え症

日本人女性の2人に1人が冷え症であるといわれ,わが国では,冷えに関する多くの書籍が出版され,マスコミ等でも取り上げられている.今や冷えは日本人にとって既知の症状であり,問題視されている.さらに,冷え症による影響は多岐にわたっており,さまざまな症状が出現する.妊婦においても,冷え症は,マイナートラブルのみならず,早産や微弱陣痛などさまざまな異常の誘引であるともいわれている

参考:『冷え症』の概念分析』中村幸代
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jans/30/1/30_1_1_62/_pdf

女性の2人に1人が冷え症というのは、とても高い確率ですよね。冬場はかなり厚着をしても手足は冷たく、夜は寝られな程冷えて、電気毛布や湯たんぽは必須アイテムという女性も多いのではないでしょうか?

ある文献で、冷え性に対する興味深い文献を見つけました。

若年女性層においても半数以上の者が身体の特定の部位 (足指, 足部, 手指, 手部, 腰部等) に“冷え”を自覚しており, 冷えによる不眠をはじめとして, 手足のしびれ, しもやけなどを訴え, 日常生活においてさまざまな支障をきたしていることが分かった。また, 冷え症との関連が疑われる身体的項目のうち体重, BMI, 貧血, 遺伝的要因などについては正常群と冷え症群との間に有意な差が認められた。すなわち, 冷え症群において体重, BMIが有意に低いことが示され, 痩せとの関連が示唆された。また, 冷え症群には貧血が多くみられ, 遺伝的要因としては3親等以内の親族に冷え症が存在する例が有意に多かった。一方, 月経周期やその規則性, および飲酒と喫煙に関しては, 正常群と冷え症群間に有意差はなかった。また, 従来から冷え症の原因の一つといわれている自律神経機能の低下に起因する症状を訴える者も冷え症群に有意に多く存在した。以上のことから冷え症の発症には, 遺伝的要因があり, 体格的には痩せ型が多く, 中高年女性層のみならず, 若年女性層においても決して看過できない問題であることが今回の調査によって示された。

出典:『女子大学生における冷え症と身体状況および生活環境との関連』大和 孝子, 青峰 正裕
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhep2002/29/5/29_5_878/_article/-char/ja/

このことから、冷え性は痩せ型や貧血気味の人に多く、遺伝的なものも関係していることがわかります。また、冷え性に年齢は関係ないということがわかります。

すっぽんと冷えの関係

すっぽんと聞くと、「滋養強壮」というイメージが強いですが、冷えの改善にも役立つと言われています。その理由は、すっぽんに含まれるアミノ酸やEPA・DHAが豊富に含まれているからです。

すっぽんに含まれるアミノ酸は黒酢の90倍以上と言われています。その中でも体内で合成できない必須アミノ酸が豊富に含まれています。必須アミノ酸の種類は、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニンなどたくさんの種類があるのですが、毎日の食事だけでは十分な量を摂取することができないと言われています。
アミノ酸の中でも特に冷えの改善が期待できるのが「アルギニン」という成分です。アルギニンには、血管を拡張させる作用があり、手足の末端まで温かい血液を送ることができるので冷え性の改善に効果が期待できると言われています。そもそも、アミノ酸には血管を作る働きがあるので、アルギニン以外のアミノ酸にも冷え改善の効果は期待できます。

また、すっぽんに含まれるEPAやDHAは、血行を促進する作用があります。血行が促進されるということは、心臓で温められた血液が末端まで届きやすいという事なので、冷え性の改善には大きく役立ちます。

すっぽんには豊富な栄養素が含まれていますが、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛といった豊富なミネラルも含まれているので、代謝を促進する働きがあります。人間の身体は代謝が促進されると、身体が温まるので冷えにくくなります。冷え性の人は痩せにくいと言われていますが、その理由は体温が1度下がると基礎代謝量が12%も低下してしまうからです。基礎代謝と言うのは、動かなくても勝手に消費してくれるものなので、この数値が低ければ痩せにくいという事になります。
ですから、冷えを改善する為には代謝をアップさせることが必要不可欠になります。

疲労回復

滋養強壮のイメージが強いすっぽんですが、疲労回復にも役立つと言われています。その理由をまとめました。

すっぽんに含まれる栄養素

すっぽんには豊富な栄養素が含まれており、20種類のアミノ酸やコラーゲン、リノール酸、ビタミン、亜鉛やカルシムなどのミネラルが豊富に含まれています。

特に、エネルギーを作り出すと言われるビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB1には、チアミンニリン酸という酵素に変わる働きがあり、私たちの体内でエネルギーを作り出す回路で働く性質があります。また、エネルギーの代謝に必要なビタミンB1ですが、欠乏すると神経系の障害を引き起こす特徴も持っています。

チアミン(ビタミン B1)はエネルギー代謝に不可欠の補酵素であり,その欠乏は神経系に特有の障害を引き起こす。 ヒトでは2種類のチアミン欠乏症,脚気とWernickeKorsakoff症候群(WKS)がみられるが,脚気では主に末梢神経系が障害される一方,WKSでは中枢神経系が障害される。

出典:『チアミン(ビタミン B1)欠乏による神経組織障害』濱田 俊
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hikakuseiriseika/31/1/31_13/_pdf

このように、人間の身体は代謝をおこなうためにビタミンが必要不可欠になります。 代謝が行われると言うことはエネルギーがしっかりと作られているという事です。逆に言えば、代謝が落ちるとエネルギーを作り出すことができないので、疲労を感じやすくなります。
では、実際にビタミンB群にはどのような働きがあるのかまとめました。

〇ビタミンB1
ビタミンB1は体内でチアミン二リン酸に変換されます。チアミン二リン酸は補酵素とも呼ばれ、エネルギーを作り出す働きがあります。

〇ビタミンB2
ビタミンB2は体内でフラビンモノヌクレオチドやフラビンアデニンジヌクレオチドなどの補酵素に変換されます。糖やアミノ酸など、食事から摂取した栄養素を代謝し、エネルギーを作り出します。

〇ビタミンB6
ビタミンB6は肝臓でピリドキサールリン酸という補酵素に変換され、消化酵素で分解されたアミノ酸を再度タンパク質に合成する働きをします。

〇ビタミンB12
ビタミンB12は摂取するとメチルコバラミンなどの補酵素に変換されます。補酵素は人間の身体のすべての細胞が代謝をおこなうのに必要不可欠な成分です。特に、DNAの合成に関わっており、補酵素が不足すると悪性貧血を引き起こすことがあります。

ビタミンB群は、3大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)をエネルギーに転換するときに必要な栄養素です。しかし、他の栄養成分とは違い、体内に長期間とどめておくことができないので、こまめに補給する必要があります。

疲労を回復する方法は、睡眠や運動、栄養など色々あります。特にビタミンB群は代謝の促進を行い、エネルギーを作り出す働きがあるので、確実な疲労回復効果を狙いたい方はすっぽんを試してみましょう。ただし毎日継続してすっぽんを食べることはできないと思うので、すっぽんサプリメントのように、毎日手軽に摂れるものがオススメです。