アラフォーからの秘密兵器!すっぽんサプリ特選情報

すっぽんサプリ大辞典 » すっぽんについて学ぶ

すっぽんについて学ぶ

「すっぽん」というと、高級料亭に行かないと食べられない食材というイメージ。それもそのはず、中国では3,000年以上前も昔の周時代に、長沙(ちょうさ)から王様へすっぽんが献上されたという記録があり、日本では『続日本紀(しょくにほんぎ)』という平安初期の歴史書に、琵琶湖付近で獲れた白いすっぽんが珍しかったため文武天皇に献上したとの記述があります。

古くから高級品として扱われてきただけに、いまも私たちのなかで、高価な食材という印象がするんでしょうね。

高級食材すっぽん

美容と健康に役立つと評価されている食材・すっぽんとは?その素晴らしさを改めて検証

すっぽんが、古くからスープや吸い物、鍋など高級料理に利用されてきた理由に「栄養価の高さ」があります。その血液は、補血剤、滋養強壮剤として効果があり、すっぽん料理は、病後の体力回復に効果があるなど評価されてきました。今でこそ、ちょっと奮発すれば一般人でも食すことができますが、かつては病気の人と贅沢者の食べ物とされ、なかなか口にすることもでいなかったそうです。

日本人の食生活を彩る食材のなかでも、かなりハイレベルな栄養価を誇る「すっぽん」について、こちらのカテゴリでは知識を深めるためのコンテンツを用意しました。男女の区別なく、生活の質を高めるために有効な役立つ情報をまとめていますので、じっくりお読みくださいね。

すっぽんの生き血の効果とは?

すっぽんは昔から滋養強壮の薬として用いられてきました。しかし、昔の話だからと言うわけではなく、実はすっぽんの効果は科学的に証明されているのです。 実験を行ったのは、東京大学の研究チーム。すっぽんの血液から抽出したエキスをマウスに与え、高負荷の強制運動をさせました。観察を続けたところ、マウスは1時間もの間ペースを崩さずに10日間繰り返しても大丈夫だったそうです。

また、エキスを与えたグループは、エキスを与えてないグループよりも3倍も活発な性活動を行っていたとの報告もあります。 ですから、滋養強壮に良いというのは間違いではありません。

すっぽんの生き血の味は?

気になる味ですが、すっぽんの血だからと言って、おいしく飲める…と言うわけではありません。他の動物と同じように、生臭いにおいがして、鉄のような味がします。実際にすっぽんの生き血を飲んだことがある方のコメントを読んだのですが、ほとんどの方が、「気持ち悪い」「鉄の味がする」「臭い」「吐きそうになった」というコメントばかりでした。しかし、すっぽんの生き血と言うのはめったに味わうことができません。

コース料理などでは、ストレートで出すのではなく、アルコール度数の高い焼酎や、ワイン、ジュースなどで割って出されることが多いようです。どんな味がするのか気になる方は、すっぽんの生き血を出してくれるお店を見つけて、飲んでみてはいかがでしょうか。また、ネットでも販売しているようなので、気になる方はチェックしてみてください。

すっぽんの生き血に含まれる成分

すっぽんの血に限らず、血液はそもそも栄養価が高いことで有名で、完全栄養食と言われることもあります。 血液にはタンパク質や、脂質、ミネラルをバランスよく含んでおり、国によっては動物の生き血を飲んで栄養補給をしているところもあるようです。

しかし、すっぽんの生き血の成分はまだはっきり解明されておらず、わからないことも多いそうです。実際にすっぽんの生き血を飲んだことがある人の感想では、血流促進、精力増進、勃起改善などの効果を実感している人が多いようです。

すっぽんの生き血の危険性

すっぽんの生き血には危険性も隠れています。血を飲むということは、「生食」を食べるということなので、当然危険性についても考えなければなりません。お店で生き血を提供している場合、度数の高いお酒で割っているので、「大丈夫だろう」と考える人が多いです。

しかし、すっぽんがどのような環境で育ったかによって、寄生虫やウイルス、細菌などに感染している可能性は0ではありません。日本で提供されるすっぽんは養殖しているものなので、生育環境は問題ありませんが、どういったルートで感染するかはわかりません。危険性は0ではないということを覚えておきましょう。

すっぽんの効果や成分、危険性などについてまとめました。すっぽんの生き血は男性の場合は性機能の増強、女性の場合は美容効果を期待することができます。また、鉄分を豊富に含んでいるため、貧血気味の方にも良い効果が現れると言われています。

すっぽんの生き血を飲むときに大切なことは、かならず「新鮮な状態で飲むこと」です。例えば、自宅ですっぽんの生き血を取り出す機会があった場合、その血はすぐに飲むことをオススメします。アルコールに混ぜて長持ちさせることはできますが、劣化してしまうとさまざまな危険性があるので、取り扱いには要注意です。

全国すっぽんマップ

鶴は千年、亀は万年とわれていますが、天然のすっぽんは、100年近く生きると考えられているそうです。天然すっぽんの産地として有名なのは、佐賀県、大分県宇佐郡安心院町の津房川・深見川や、大分県と福岡県の県境を流れる山国川など。

こちらのページでは、国内のすっぽんの産地と養殖の歴史、海外産との栄養価の違いについてまとめています。「すっぽんをそのまま食べる」「すっぽんを原料としたサプリメントを摂る」にしても、やはり国産のすっぽんを選びたい!そんな方はぜひ、チェックしてください。

すっぽんの産地による効果の違いを探る>>>

すっぽん解体書

中国最古の薬物書『神農本草経』は、さまざまな食材がもたらす効能について述べている解説書。その書のなかで、にんにくやニンジン、ネギ、生姜などと共に、すっぽんがいかに体に良い食材なのか?が書かれています。

すっぽんは爪や胆嚢、そして膀胱などの部位以外はすべて食べることが可能といわれていますから、本来であれば丸ごと食べることがいちばんの方法ではありますが、ここではより効率的に摂り入れるために部位別に含まれる栄養素について解説します。

部位別に見るすっぽんの効能について>>>

すっぽんとの正しい付き合い方

高級食材であるすっぽんの、豊富な栄養分を毎日手軽に摂取するには、サプリメントを利用するのがいちばん!とはいえ、安さだけに飛びついて購入しても、思った以上に体感しないようにも思えます。

こちらでは、すっぽんサプリを選ぶ際の判断基準、上手な摂取法や賢い購入方法について調査した結果を紹介しています。まだ、どのすっぽんサプリを購入しようか?決まっていない方はぜひ!

すっぽんサプリメントの見極め方とは?>>>

すっぽん栄養学

必須アミノ酸、コラーゲン、リノール酸、ビタミンB群、カルシウム、鉄…など、多彩な栄養を含んでいるすっぽん。その成分名は知っていても、実際どんな働きをするのか?までは、理解していない人は多いのではないでしょうか。

ここでは、すっぽんに含まれている成分が、体内でどのような働きをするのかをまとめています。「すっぽんの何が身体にいいの?」と疑問に思っている人は、ここからチェックを。

すっぽんに含まれる成分について知る>>>

女性と男性で違う、すっぽんの効果

すっぽんは長らく精力剤として評価されてきたので、「男性向けの食材でしょう?」そんな風に思っている女性は少なくないでしょう。

ここでは、すっぽんの女性が嬉しい健康・美容効果について紹介します。

すっぽんの効果は男女で違う?>>>

すっぽんの注意点

すっぽんを食べてアレルギーが起こる人がいます。原因は、スッポンに含まれているコラーゲンの「ゼラチン」にあります。ゼラチンはアレルギー物質として表示されている品目の一つです。すっぽんを少量食べただけではアレルギーが起こることはありませんが、多量に食べると起こる人がいます。

すっぽん料理を提供しているお店に行くと、生き血や肉など、すっぽん料理を楽しめるお店があります。普段食べなれていない人が、フルコースを食べると、アレルギーを起こす人がいるので注意が必要です。具体的なアレルギー症状は、かゆみ・発疹・むくみなどです。

しかし、アレルギーというのは、普段食べなれていないものを食べた時でも起こることがあるので、一概にすっぽんを食べると必ずアレルギーが起きるという事ではありません。あくまでもゼラチンに対してアレルギーをお持ちの方は注意してくださいという事です。

厚生労働省の報告

厚生労働省の輸入食品に対する検査命令の実施についての資料を見たところ、中国産スッポン及びその加工品に対して、エンロフロキサシンを検出したとの報告がありました。

検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産活スッポンからエンロフロキサシン及びシプロフロキサシンを検出したため、検査命令を実施するものである。

出典:厚生労働省ホームページ:輸入食品に対する検査命令の実施について(中国産スッポン、トルコ産乾燥いちじく、韓国産カキチシャ)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1224-3.html

今のところ、食品を介した食中毒などの報告はないようですが、このエンロフロキサシンは消化器系に影響をもたらすものです。

エンロフロキサシンのヒト臨床における使用歴はないが、同系統に属するキノロン類あるいはフルオロキノロン類の抗生物質、代謝物であるシプロフロキサシンは広くヒト臨床において利用されている。食品を介した食中毒等の知見は確認できなかったが、人用医薬品として使用された場合の副作用として、最も一般的なものは消化器系への影響で、経口投与による悪心、嘔吐等である。下痢や抗生物質に起因する大腸炎はまれであるとされている。その他、中枢神経系に関連するものとして頭痛、めまい、消炎薬との併用で痙攣、アレルギー反応に関連するものとして発疹があるとされる。

出典:株式会社三菱総合研究所作成:ハザード概要シート(案)(エンロフロキサシン)
http://www.fsc.go.jp/sonota/hazard/doyaku_11.pdf#search='エンロフロキサシン'

食べられない部位もある

すっぽんの注意点としてアレルギーを挙げましたが、すっぽんには食べられない部位があると言う点も注意点の一つです。

すっぽんは、ほとんどの部分を食べることができる食材と言われていますが、実際は全てではありません。胆嚢・爪・膀胱は食べられません。また、甲羅は食べることができないと思われがちですが、実際はスープのだしを取ったり、粉末状にしたものがサプリメントには配合されているので、甲羅は食べられる部位とされています。

爪は固くて食べられませんし、膀胱はアンモニアがあるので人間の身体には悪影響を及ぼします。また、胆嚢は特に美味しくないと言われており、別名「苦玉」とも呼ばれているそうです。

注意点について挙げてみましたが、実際は食べ方にさえ気を付ければとても体に良い食材です。しかし、すっぽんを家で調理しようと思うと、高価ですし面倒くさいですよね。そんな方は、すっぽんの成分が含まれているサプリメントがオススメです。男性は滋養強壮目的に、女性は美容目的で飲んでいる方がとても多いですよ。